img

ソルクシーズの転職者ファイルソルクシーズの転職者ファイル

「パートナー企業から見て、魅力的な会社だった」「決められた仕事しかないマンネリ状態を打破したかった」「東京のIT企業で働いてみたかった」…ソルクシーズに転職して活躍する社員たちにきっかけ、仕事ぶり、思い描く将来像をインタビューしてみました。


System Engineerシステムエンジニアとして転職

変化がなかった前職時代。ずっと保守、ずっとCOBOLで終わるのが嫌でした。さまざまな事業とシステムに関わりたくて、選んだのがソルクシーズです。

img
img
ソルクシーズ
クレジット第2SI部

S.Fさん(20代女性)

PROFILE
入社時期
2017年1月
現在の仕事
クレジットカード企業の決済端末などの開発・運用を担当するシステムエンジニア
前職
情報サービス企業のシステムエンジニア。金融業界向けのホスト機開発等を担当

01/入社の決め手

保守の仕事をずっとこなすだけで終わるのは嫌でした。
事業とスケール、仕事とキャリアの選択肢の広さが魅力でした。

それまで勤めていた会社もSIサービス業でした。システムエンジニアとして仕事を覚え、ひとり立ちできるまではよかったのですが、その後金融業界のシステムに携わり、同じ環境、同じ技術のまま3年半が過ぎ、変化がない日々に不安を覚え居場所を変えてみようと思い立ちました。

転職サイトやエージェントの紹介などで5社を選び、面接を受けました。キャリアや手掛ける領域の選択肢が広い会社に行こうと決めていました。ソルクシーズを選んだのは、事業とスケールに可能性が感じられ、役割やポジションが多様だったからです。なるべくなら東京、できれば給料も…とは思っていたのですが、待遇はそれほど重視していませんでした。決断までは早かったですね。

02/現在の仕事

さまざまなプロジェクトに関わることができて、とても満足しています。
金融業界といっても多様なシステムがあり、今の仕事に可能性を感じています。

入社して、最初に強く感じたのは、「明るくて接しやすい人が多い会社だなぁ(笑)」。技術職というと、何となく寡黙なイメージがあったのですが、配属された部署は話すのが好きな人が多かったですね。想像していたよりもにぎやかで話しやすく、上司との間に垣根がないので、ほっとしました。以前にいた会社は、とにかくミスに厳しかったのですが、感情的にならずにまっすぐ指摘してもらえるのもありがたかったです。

これまでに、4つのプロジェクトに関わることができました。異なる会社の、多様な業務。これこそが求めていたことで、とても満足しています。現在は、クレジットカード系のシステムに携わっているのですが、前職で馴染んでいた金融関連のシステムとは違ったおもしろさがあり、改善の可能性を感じています。現場でイレギュラーな事象が発生しても、マネージャーがすぐに動いて明確な指示を出してくれるので、心強いですね。仕事に向かう姿勢には学ぶところが多く、自分もこうありたいと思えるのもこの会社の魅力です。

03/将来のキャリア

チーム全体を見てバックアップ・サポートできるようになりたいです。
さまざまな業務とポジションを経験して、成長していけたらと思います。

失敗した時や、もっといいやり方があったはずと思った時は、次につながる対策をしっかり練るようにしています。クリアできると、自分の成長を実感しますね。前の会社では、新人時代から上流工程に携わったため、開発・製造のノウハウを身に付ける機会がなかったのですが、今の仕事で下流の工程に関わることで知識と技術をものにして、再び上流で活躍できるようになりたいです。スペシャリストより、プロジェクトマネージャー志向ですね。新規の案件も保守も幅広くこなせるようになりたいと思っています。

ソルクシーズには、尊敬できる人がたくさんいます。以前に配属されたプロジェクトのマネージャーは、私が煮詰まると、すぐに解決のためのアドバイスを投げかけてくれる存在でした。チームをまとめながら、一人ひとりのフォローも欠かさないのはすごいなと思いました。今までがそうだったように、これからもさまざまな仕事と役割を経験して、支えてくれたマネージャーのみなさんに近づけるといいですね。

他のインタビューを見る