img

IT業界と採用を語るスタッフブログIT業界と採用を語るスタッフブログ

ソルクシーズの採用・求人に関する最新ニュース、IT業界の人材に関するトピックス、キャリア推進本部の取り組み、グループ企業の新しいサービスやプロジェクト。ソルクシーズを取り巻くさまざまな分野の動きと、採用&人材育成の今がわかるブログです。


IT業界の採用&求人トレンド 2020.11.13

システムエンジニア&プログラマに求められる最新技術&ノウハウ【後編】

紙飛行機 ビジネスマン

技術の進化や世の中のニーズの変化に対応して、システムエンジニアやプログラマに求められる技術・知識も変わってきています。前編に続き、令和の時代のシステムエンジニアやプログラマに求められる最新技術と、現場で求められるスキル・ノウハウをご紹介します。

技術革新にAIは欠かせない

医療、製造、金融など、さまざまな領域で進化を続けているAIは、コロナウイルスの蔓延で投資を抑える企業が増えても、長期的なニーズの拡大傾向は変わりません。2020年の動向で注目したいのは、無人店舗、在宅医療などのヘルスケア分野、RPAの進化、情報管理、銀行やクレジットカード関連のシステム改革です。

従来は、AIの台頭によって多くの職業がAIに取って変わるといわれてきましたが、AIを活用した多様なサービスが続々と生み出されるといったポジティブな面に着目したほうがいいでしょう。プログラミングの自動化が進むなかで、将来的には設計は人間、コーディングはAIが行うなど、協働するのが当たり前になる日が来るかもしれません。

AI開発には、線形代数、統計といった数学知識や、機械学習やディープラーニングなどの技術を理解しておく必要があります。FinTechやIoT、クラウドサービスに注力しているソルクシーズも、AIに関する技術と経験を備えたシステムエンジニアを積極的に採用しています。

セキュリティ人材のニーズは急上昇

これまで挙げてきた全ての技術を安心・安全に活用するには、セキュリティの進化も欠かせません。サービスの拡充、テレワークの定着化、各種作業の自動化などが進むなかで、セキュリティ人材のニーズは急激に高まっています。個人や企業の重要な情報の漏洩を防ぐために、ブロックチェーン技術や暗号化技術を始めとした広範囲なセキュリティ関連のスキル・知識が求められており、システム開発を担う企業は最新の技術・ノウハウを追求する必要があります。

セキュリティの資格として、国家資格の「情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)」や「セキュリティマネジメントスペシャリスト」「ブロックチェーン技能検定」などがありますが、セキュリティ関連人材の供給は市場のニーズに追いついていない状況です。

コミュニケーション力、顧客志向がエンジニアとしての価値を高める

開発コストの削減、災害に備えたリスク分散を考えて、プログラミング等の業務を人件費の安い海外に発注するオフショア開発は、今後もますます進んでいくと予想されます。海外のチームとの協力が必要となるため、担当するシステムエンジニアには語学力やコミュニケーション力が求められます。また、日本のシステム開発事業においては、仕様書通りに開発するだけでなく、顧客の要望を実現する改善策や新機能の開発提案が求められています。

今後、特に需要が高まるのはAI、IoT、セキュリティの分野です。これらに必要な知識や技術を高めておくと、エンジニアとしての価値が高まります。IT技術の進化が加速するなかで、これからのシステムエンジニア、プログラマには新しいスキルと知識を習得し続けるバイタリティがより求められていくでしょう。ソルクシーズでは、顧客志向をベースに最適解を導き出せるプロジェクトマネージャーやシステムエンジニアを常時募集しています。詳しくは、キャリア採用サイトや職種別の求人情報をご確認ください。