img

IT業界と採用を語るスタッフブログIT業界と採用を語るスタッフブログ

ソルクシーズの採用・求人に関する最新ニュース、IT業界の人材に関するトピックス、キャリア推進本部の取り組み、グループ企業の新しいサービスやプロジェクト。ソルクシーズを取り巻くさまざまな分野の動きと、採用&人材育成の今がわかるブログです。


IT業界の採用&求人トレンド 2021.05.07

アフターコロナもマーケットは拡大 AIの成長分野と採用・求人動向【前編】

世界地図 朝日

自動車の安全運転システムや掃除ロボット、問合せセンターのチャットボット、ビッグデータを用いたマーケティング、医療など、AI(人工知能)は既に身近なところで使われています。

今後、AIの技術はさらに進化し、活用される業種や領域も大きく増える見込みです。AIを適切に開発・運用できるシステムエンジニアは、IT業界でも注目されており、人材の確保や育成に力が注がれています。

この記事では、AIの最新動向や成長分野とAI人材の採用・求人動向について2回に分けて紹介します。

AIには8つの領域がある

AIは多くの業界で活用されていますが、主要市場として、「画像認識」「音声認識」「音声合成」「テキスト・マイニング/ナレッジ活用」「翻訳、検索・探索、時系列データ分析」「機械学習自動化プラットフォーム」の8つの領域があります。

なかでも画像認識技術は応用範囲が広く、工場での外観検査、道路や橋などの社会インフラの点検や建物の保全業務、顔認証システムや自動運転技術などに使われています。今後は、文書データ読み取り精度のさらなる向上も期待されています。

また、現在は規模が小さいですが、急成長が期待されるエッジAIコンピューティングとカンバーセーションAIという領域もあります。

エッジAIコンピューティングとは、AIがパーソナル機器に搭載されることを指します。建設機器や倉庫管理システムなどの産業分野だけでなく、各家庭のIoTデバイスへのAI搭載が加速する見込みです。2018年度時点で市場は110億円ですが、2030年度には664億円に膨らむとの予測も出ています。

カンバーセーションAI とは、Web上でのチャット、自動車、ロボットなどIoTデバイスに搭載される対話型AIです。対話型AIの進化の状況によっては、今まで対人が好ましいと思われていた顧客向けサービスや社内ヘルプデスクなどがAIに変わる日も近いかもしれません。

日本のAI市場は急拡大中

2019年度のAI主要市場における売上は384億円。前年に対し37.8%増と、大きく成長しました。技術的な進歩だけでなく、さまざまな製品を組み合わせたシステム構築サービスが拡大し、用途が多様化したことも要因のひとつです。

2024年度には、AI市場の売上が980億円に達するという予測も出ており、期待が高まっています。特に高い伸びが予測されているのが、時系列データ分析です。膨大な量のデータを複数掛け合わせる分析ニーズが高まっており、技術の進歩によってさらなる成長が見込まれています。

世界のAI市場も同様に成長中

次に世界のAI市場を見てみましょう。2021年のAI関連ソフトウェア、サービス、ハードウェアの総売上高は約35兆円に到達する見込みで、前年に対し16.4%増加。2024年は約59兆円と予測されており、5年間の年平均成長率(CAGR)は17.5%が見込まれているなど、世界でも急速に市場が拡大しています。

金融業や製造業でAI導入が進んでいるが、全体を見ると消極的

現在、国内でAIを導入しているのは金融業や製造業が中心ですが、技術の進歩や新サービスの開発により、全業種でAI活用が見込まれています。

しかし、総務省の調査によると、国内企業のIT技術導入はIoTが先行し、AI導入には消極的。導入の意向なしと回答する企業が約6割という結果が出ました。AIに精通した人が社内に少ないことや、事業への効果が不透明ということが理由として挙げられています。

しかし、中小企業などでは、人材不足をAIで対処する動きが出始めており、実績やモデルケースが増えれば、積極的な姿勢に切り替わる可能性が高いといえるでしょう。政府も「AI戦略」を掲げ、AIの浸透と人材育成に力を入れています。

急拡大するAI市場に対応できるシステムエンジニアを募集中

AIは何でもできる魔法のシステムではありません。用途に合わせて、膨大なデータを適切にAIに学習させる必要があり、大変難しい作業です。そのため、よりよいAI開発には、優秀なシステムエンジニアが求められます。

ソルクシーズでは、DX(デジタルトランスフォーメーション)、FinTech、AI、IoT等の新しい領域にも積極的に取り組んでいます。SI、クラウド、セキュリティ、CASEなどの専門分野に特化したグループ内の子会社と協力しながら、横断的にAIの提案をしていきたいと考えています。

そのため、AIの知識や、IT全般の知識や経験を持つエンジニアを積極的に採用しています。AI等の新しい技術は学び続ける必要があるため、スキルアップに必要な費用は会社が負担し、育成にも力を入れています。

過度に失敗を恐れず、好奇心旺盛に物事に取り組める方、グループ会社や取引先と協力しながら、顧客志向でプロジェクトを推進できる方は、ソルクシーズでAIを活用したサービスの開発に関わってみませんか?採用・求人に関する詳しい情報は、キャリア採用サイトでご確認ください。