img

IT業界と採用を語るスタッフブログIT業界と採用を語るスタッフブログ

ソルクシーズの採用・求人に関する最新ニュース、IT業界の人材に関するトピックス、キャリア推進本部の取り組み、グループ企業の新しいサービスやプロジェクト。ソルクシーズを取り巻くさまざまな分野の動きと、採用&人材育成の今がわかるブログです。


IT業界トピックス 2020.11.20

5G、テレワーク、x-tech、DX、DARQ Withコロナで注目度が高まる5つのITトレンド【前編】

5G DX

コロナウイルスの感染拡大以降、ビジネスのスタイルや働き方が急激に変化しました。Withコロナ、アフターコロナで、IT関連のサービスにおいてはどのようなニーズが高まるのでしょうか?さまざまな領域のシステムエンジニアが注目している5つのトレンド、「5G」「テレワーク」「x-tech」「DX」「DARQ」について2回に分けてご紹介します。前編では、5G、テレワーク、x-techについて解説します。

5G

世界では既に30ヵ国以上で導入されている5G。日本では、2020年3月から大手キャリアのサービス提供が始まりました。4Gに続く次世代の無線通信規格で、大容量で超高速、超低遅延、超高信頼性、多数同時接続が特徴です。

5Gが浸透すれば、臨場感あふれる映像が楽しめる8K映像や、AR・VRなどを利用した大容量コンテンツのリアルタイム通信などが、個人でも手軽に楽しめるようになります。パソコンやスマートフォンだけでなく、家電、センサーなど多様な機器と接続できるため、IoTのさらなる技術革新が起こると期待されています。

ビジネスの分野においても、業務用機器、医療機器、工場の設備、交通機関などさまざまな用途で5G対応のシステムが導入されるといわれており、ロボットによる遠隔操作が可能になると予測されています。IT業界においては、金融、医療・介護、ECサービス、エンターテインメント領域など、従来から先端のシステムが活用されていた分野だけでなく、農業、製造、運輸、災害救助など新たな領域での進化が期待できそうです。

テレワーク

コロナ禍で多くの業界で一気に浸透したテレワーク(あるいはリモートワーク)。インターネットを介した各種サービスを活用して、自社のオフィス以外で働くことを指します。

テレワークを行うにはセキュアな通信環境下で、業務で利用するファイルやデータにいつでも、どこからでもアクセスできることが重要です。また、意見交換、報告、連絡などコミュニケーションをスムーズに行うためのチャットやweb会議システムも必要になります。今後、オンラインストレージサービスやコミュニケーションツールは、さらにブラッシュアップされていくでしょう。

コロナ禍によって急激にテレワークが浸透したため、見積書や請求書など紙ベースの業務フローが残っている企業が多く、印刷や捺印のために出社しなければならない従業員は少なくありません。政府が推進するハンコレス化も含めて、web決済や電子認証システムのニーズは確実に拡大していく見通しとなっており、「営業・営業管理・会議・決裁・書類作成・送信・電子認証」などの複合的なサービスが登場する可能性もあります。

x-tech

ITと既存分野のサービスを組み合わせたシステムを総称して「x-tech」といいます。金融(Finance)のシステムと組み合わせたFinTech(フィンテック)、医療領域ではHealth Tech(ヘルステック)、人材の採用や管理(Human Resource)の業務と連携させたHRTechなどが代表的です。FinTech関連では、コロナ禍の影響もありキャッシュレス化や銀行手続きのデジタル化が急速に進んでいます。日本が5ヶ国の中央銀行と協力して、ワーキンググループを設けたCBDC(中銀デジタル通貨)の動きも注目されています。

Health Techの分野では、スマートフォンやタブレットによる遠隔診療や、AIによるCTやMRIなどの画像診断技術が進化。女性の健康に特化したFemTech(フェムテック)市場も成長分野です。HRTechは、採用・評価といった人事業務における課題を、AI(人工知能)などの技術で解決するサービス。
社員名簿やスキルデータのペーパーレス化、勤怠や査定など人事情報の一元管理というようなニーズが高まっています。
いずれの「Tech」も、コストや業務工数の削減に留まらない革新的なサービスの開発をめざしています。

従来からの技術的な進化に加えて、コロナ禍によって生活やビジネスのスタイルが変わったために、求められるサービスやシステムが急激に変容を遂げているIT業界。ソルクシーズでは常に新しい情報を追い求め、顧客満足度を高めるサービスを提供できるシステムエンジニアを募集しています。詳しくはキャリア専用サイトや職種別の求人情報をご覧ください。