未経験採用に応募

部長に聞いた

活躍できる人材

部長に聞いた活躍できる人材

「デジタルトランスフォーメーションで日本のビジネスを導く」というメッセージを発信し、新たなサービス開発を推進しているソルクシーズ。変化の多い時代のなかで、ソルクシーズで活躍する人材について、各事業の部長に語ってもらいました。

WORKS

ソルクシーズで働くということ

「システム開発はサービス業、チームプレー。 信頼関係、柔軟性、影響力が必要な仕事です」

ACTIVE PERSON

部長が語る「活躍できる人物像」

コミュニケーションが重要な仕事。
話を聞ける人、学ぶ姿勢がある人が活躍します

証券FinTechビジネス部 山口部長

「ITサービス業をしっかりやれる人を求めています」

重要なのはビジネスを考える力、課題解決力、あとはお客様に真摯に向き合う姿勢です。
予算や納期、技術的な制限の中で要望にどこまで応えられるかを考え抜き、会社の利益と合わせて答えを出せるような人は活躍してくれると思います。
金融や証券業界のシステムや業務に関する知識は、あるに越したことはないけれど、なくても充分活躍できます。
われわれは、ITサービス業。お客様の話をしっかり聞ける人と一緒に働きたいですね。

部長インタビューを見る

SI開発事業部 龍井事業部長

「自分の成長だけじゃなく、人を育てる力を持ってほしい」

若手に求めるのは、Web 系の開発と設計ができること。
そこから少し年齢が上がってきたら、リーダーとしての仕事もしてもらえるといいですね。
自分の成長だけじゃなくて、他人を育てることもできる人は活躍していると思います。
今不足しているのは、Java、Web 、iOS 、Android系の技術がある人ですが、若手は最初から技術に自信がなくても、
IT業界でやっていきたいという動機がしっかりあれば成長していくチャンスはあると考えています。

SI開発事業部・開発第二部 武田部長

「この業界でやっていきたいという覚悟がある人が成長します」

IT業界でがんばりたいという覚悟がある人は、伸びると思います。
システムエンジニアとして、今後こういうことをやっていきたいとか、自分なりに活躍するイメージや夢みたいなものを描いておいてほしいですね。
活躍といえば、もうひとつ大事なのは、素直に勉強できること。
「お客様に提案したいことがあるから、そのための技術的なことが知りたい」というような明確な狙いがあってやれる人は、
現場に入ってもいい仕事をしています。

クレジット第一SI部 勝木部長

「さまざまな状況に柔軟に対応できる人は強いですね」

事業としての課題は「オープン系の技術者不足」ですが、これから活躍する人という視点なら「顧客との調整役になれる人」ですね。
自分たちのキャパシティをしっかり見極め、外部のリソースを活かしつつオーダーに応えていける人は、自ずと顧客との信頼関係が生まれてきます。
IT業界は変化が多く、われわれだけでコントロールできないところが数多く存在します。そういったことを織り込みながら、タスクを進められる人は強いです。

クレジット第二SI部 井草部長

「チームのなかで、問題をしっかり共有できる人と働きたい」

最初から、ソルクシーズにはまっていなくてもいいと思います。
知識が豊富なスペシャリストというよりは、「わからない」をしっかりいえる人の方がいいですね。
業務に必要な情報や仕事に関する悩みを外に出せる雰囲気を作れれば、結果としてチーム全体の成長につながると考えています。
行き詰まったらまずは自分で調べて、それでもわからないことは後輩が相手でも相談できる謙虚さを持っていてほしいです。

産業第一SI部・金原部長

「さまざまな業界に精通した人材を育てていきたい」

「業務SE」といえばいいのでしょうか。技術をアップデートしていくだけでなく、金融や年金関連の業界に精通した人材を育てたいと考えています。
例えば、公的機関の大規模システムは積み重ねが大きいので、新しいシステムに移行しづらいという課題を抱えています。
こういったことを継続的に改善していける人材が必要です。
さらに今後は開発業務の効率化が進んでいくはずなので、提案やコンサルティングの能力も重視しています。

産業第二SI部 池田部長

「コミュニケーション能力が高ければ、文系でも活躍できます」

これまでのキャリア採用では、Javaのスキルやシステム開発経験などを重視する即戦力採用をしてきました。
しかし現場で活躍している人を見ると、必ずしも理系やシステム開発経験者が優れているとは限らないことに気づきました。
お客様との交渉や、チームを円滑に動かす際には、コミュニケーション能力の高さが重要です。
最近は、IT業界でキャリアを積みたいという意欲がある文系若手の採用も視野に入れていきたいと考えています。

クラウド第一SI部 山岸部長

「この仕事をやりたいという気持ちがあり、楽しんで働ける人がいい」

この仕事をやりたい、長く続けていきたいという気持ちがある人。相手の要望や質問に応えられる人。
技術よりも「この人と一緒にやっていきたい」と思えるような人物であることが重要と考えています。
20代前半の若手なら、「前の職場ではこうだった」などの固定観念を持たず、柔軟性をもって何でもやってみようとする姿勢がほしいです。
お客様の要望をしっかり受け止めつつ、楽しんでものづくりをできる人が活躍できると思いますね。

クラウド第二SI部:滝川部長

「社交的、好奇心旺盛、学習意欲。明るい人がいいですね」

即戦力のシステムエンジニアという観点なら、Web系でJavaScriptができる人ならうれしいですが、より重要なのは人柄の方だと考えています。
明るくてコミュニケーションが得意な人。社交的で好奇心旺盛で、学習意欲が高い人にはいくらでも成長できる環境があるのがソルクシーズです。
加えて、次世代のリーダーとして外部パートナーを含むプロジェクト全体を推進できる人や、海外サービスの導入をまかせられる英語が得意なエンジニアがほしいです。

クレジット基盤・運用部 柴田部長

「技術と知識だけでなく、営業力のある人がほしい」

一点突破のスペシャリストよりも、興味と知識の範囲が広いことが大事。
セールスエンジニアとして、お客様としっかりコミュニケーションを取って、些細な会話からニーズを拾えるような能力がほしいです。
若手やキャリアが浅い同僚の意見を汲み取って、上司に適切に伝えられるような人材は必ず活躍します。
アンテナを広く張って意欲的に学習する姿勢や、アウトプットを恐れず積極的に伝えようという姿勢がある人がいいですね。

未経験採用に応募