img

IT業界と採用を語るスタッフブログIT業界と採用を語るスタッフブログ

ソルクシーズの採用・求人に関する最新ニュース、IT業界の人材に関するトピックス、キャリア推進本部の取り組み、グループ企業の新しいサービスやプロジェクト。ソルクシーズを取り巻くさまざまな分野の動きと、採用&人材育成の今がわかるブログです。


ソルクシーズの求人ニュース 2021.04.27

ソルクシーズのFinTechビジネス2021「第2回:新組織の初代部長・山口さんインタビュー」

男女

2021年1月、ソルクシーズはFinTechに注力すべく組織改変を行いました。従来の証券保険事業部が証券事業部となり、証券保険SI部を「証券ソリューションビジネス部」「証券FinTechビジネス部」に分割。証券業界のデジタルトランスフォーメーション(DX)案件に対応する組織として 「FinTech事業本部」が新設されています。今回は、証券FinTechビジネス部の初代部長となった山口さんにインタビュー。新組織創設の経緯、狙い、今後の方針などを語ってもらいました。

機動力を高めFinTechに注力するため組織改革を実行

ソルクシーズには、今まで「証券保険SI部」があり、証券会社と保険会社を中心に、SIビジネスを展開していました。しかし、保険会社の合併に伴い顧客数が減っており、証券業界も大手によるシステム開発案件の寡占化が進んでいます。

この状況に対して、山口さんは「お客様を大切にするのは当たり前ですが、お客様に紐づいた仕事をしているだけでは、ビジネスが縮小してしまう。既存のお客様に対応しつつ新たなサービス開発を推進するなら、特化した組織があったほうがいい」と考えたそうです。デジタルトランスフォーメーション推進や金融改革が叫ばれるなかで、FinTechに着目したのは自然な流れでした。

こういった考え方が背景にあり、既存のお客様のシステム開発を担当する「証券ソリューションビジネス部」と、新しいビジネスに積極的にチャレンジしていく「証券FinTechビジネス部」が誕生。ひとつの部署を30人前後のメンバーで構成することで機動力を高め、システムエンジニアの技術力や知見を高めながらFinTech市場に挑戦していきます。

現在、山口さんは「証券FinTechビジネス部」の初代部長として、34名のメンバーとともに新規ビジネス開発や顧客開拓に力を入れています。

FinTechで新しいビジネスを創出したい

「FinTechの技術習得はあくまでも手段で、新しいビジネスをするためにFinTech技術を活用します。今まで誰もやっていなかったような新しいビジネス、SIだけではなく新しい領域を創っていけたらいいなと思っています」。山口さんの目線は、未来を見据えています。

組織を立ち上げたばかりなので、戦略を設計するのはこれからですが、既にお取引のある金融関連や通信業界の企業を中心に拡大することを検討中です。

「目先の最重要課題は、ブロックチェーンやRPAですね」と山口さん。「ソルクシーズはSIビジネスの経験が豊富なため、お客様の要望を聞き出し、フィットしたシステムを作れることを強みにしています。今までは元々あったシステムの延長線上にある提案が中心でしたが、これからはブロックチェーンなどの新しい技術を使い、セキュリティ強化や業務負荷の軽減など、付加価値があるソリューションを提案していきたいと考えています」。新しい組織は、既に明確な目標を持って動き出しています。

リーダー、マネージャー希望のエンジニアを求めています

FinTechに関しては、常に新しい技術を学び続ける必要があり、現在「証券FinTechビジネス部」のメンバーも切磋琢磨しながら技術の取得に努めています。ソルクシーズとしても、社外のセミナー費用は会社が負担するなど、全力でサポートしていきます。DX(デジタルトランスフォーメーション)関連のさまざまな技術に注目しており、AIを含む総合的なビジネスの創出を考えています。

現在、プロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャーが不足しており、今後、サービスを拡大していく際にボトルネックになりかねません。社内で育成を進めていますが、金融関連のサービスのシステム開発経験がある方、2~3人のチームのリーダー経験がある方を、即戦力として採用していく方針です。「もっと新しい風を入れていきたい」。組織づくりにおいても、従来のやり方に囚われない姿勢を鮮明にしています。

「お客様に迷惑はかけられませんが、新しいチャレンジになるため、失敗してもいいじゃないかという精神で、がむしゃらに攻めていきたいですね」と語る山口さん。「証券FinTechビジネス部」では、新しいビジネスの創出にチャレンジしたいシステムエンジニアを求めています。必要な経験やスキルなどの詳しい情報は、キャリア採用サイトの求人情報でご確認ください。