img

IT業界と採用を語るスタッフブログ

IT業界と採用を語るスタッフブログ

ソルクシーズの採用・求人に関する最新ニュース、IT業界の人材に関するトピックス、キャリア推進本部の取り組み、グループ企業の新しいサービスやプロジェクト。ソルクシーズを取り巻くさまざまな分野の動きと、採用&人材育成の今がわかるブログです。


ソルクシーズの取り組み 2022.07.14

ソルクシーズグループの「専門店化」を推進!サービス開発の最新トピックス【前編】

DX  

システムインテグレーションをはじめ、FinTech、クラウド、IoTなどさまざまな技術を駆使したサービスを提供するソルクシーズ。この記事では、ソルクシーズグループにおけるサービス開発の最新トピックスについて、2回に分けて紹介します。

ソルクシーズの成長戦略ー業界・領域に特化した強みを創出

激動の時代に対応していくために、ソルクシーズでは次の3つの成長戦略を掲げています。

ひとつめは、専門店化。得意分野に特化したグループ会社が、それぞれの強みを活かして業界・領域別にサービスを展開し、クオリテ強化を図っています。

2つめは、SIビジネスとストックビジネスの両輪展開。安定した収益基盤を構築するために、2つの分野が対等な比率になることを目標にしています。

3つめはグローバル展開です。日本国内だけでなく、ASEAN+3のマーケットに目を向け、グループ各社の商品・サービスを幅広く提供しています。

ここからは、グループ企業の最新トピックスについて、見ていきましょう

Fleekdrive―電子帳簿保存法オプションをリリース

コロナ禍でテレワークが急速に浸透したことで、大きく利用者数を伸ばした「Fleekdrive」。企業の情報資産を社内外問わず有効活用できるオンラインストレージサービスで、使い勝手のよさと強固なセキュリティを強みとしています。

2011年に前身となるクラウド・シェアード・オフィスをリリースして以来、順調に利用者が増えており、2021年にはユーザー数15万人、契約社数は600社を突破しました。セールスフォースとも連携しており、顧客評価で最高位を獲得。IT製品・サービス比較サイト「ITトレンド」において、Good Productにも認定されました。今後は、ERP製品としての展開も視野に開発を進めています。

2022年1月の電子帳簿保存法の改正に合わせ、2022年6月には「電子帳簿保存法オプション」を正式リリース。電子帳簿保存法の改正により、企業には決算関係書類や契約書、納品書、請求書、注文書など、今まで紙だった書類を法律で求められる5つの要件に合わせて電子データで保存することが求められます。

「Fleekdrive」の電子帳簿保存法オプションは、経理DXを実現する電子帳簿保存法対応のオンラインストレージです。企業で取り扱うさまざまなファイルを、電子帳簿保存法で求められる保存義務、真実性の確保、関連書類の備付、見読性の確保、検索性の確保という5 つの要件を満たしながら、ひとつのプラットフォームで管理。分断しがちなフロントオフィスとバックオフィスをつなぎ、業務の効率化を図ることができます。

「スキャナ保存」と「電子取引」の2種類の電子保存に対応。かんたん操作でデジタル化でき、経理を中心とする膨大な書類管理業務を大幅に削減します。組織の機能に応じたアクセス権限を設定できるため、セキュアな環境でファイルの保管ができるほか、多才な条件検索によって探したい情報を簡単に見つけられるのも特徴のひとつです。

マニュアル不要で、すぐに使いこなせるよう、誰でもわかるインターフェースを採用。業務の属人化を防ぎ、企業の業務の効率化、スムーズな運営で、経理DXをサポートしています。

イー・アイ・ソル―食品容器用ヒートシール検査装置を日清製粉と共同で特許出願

IoT(IIoT)を活用した制御・計測関連のソリューションに特化したサービスを提供しているイー・アイ・ソル。「計測データの見える化」をキーワードに、データの取得・解析から、サーバー、データベース、アプリケーション連携のシステム構築まで、ワンストップで支援できるのが強みです。

2022年2月には、日清製粉グループ本社と共同で、食品容器用ヒートシール検査装置の特許を出願しました。ヒートシールとは、食品等を収容した容器の開口部に蓋をする際、接着剤を使わず、熱によってフィルム同士を接着させるもの。今回特許を出願したのは、サーモグラフィーによる状態監視によって製品の不良率を下げる技術です。

トンネル工事現場の状態監視、工場における部品トラブル予防、高齢者・障がい者の健康リスク管理、消費電力監視による省エネ推進など、さまざまな領域でイー・アイ・ソルの計測システムやIoT技術が活用されており、今後は食品業界においても製造コストの削減に貢献していきます。

「サービス開発の最新トピックス」の後編でも、ソルクシーズグループの新たな取り組みについて解説します。システムエンジニアとしてキャリアアップしたい方、未経験からIT業界をめざそうとしている方は、ぜひ併せてご一読ください。

フリーワード検索

カテゴリー一覧

記事ランキング

タグ一覧

アーカイブ