img

IT業界と採用を語るスタッフブログIT業界と採用を語るスタッフブログ

ソルクシーズの採用・求人に関する最新ニュース、IT業界の人材に関するトピックス、キャリア推進本部の取り組み、グループ企業の新しいサービスやプロジェクト。ソルクシーズを取り巻くさまざまな分野の動きと、採用&人材育成の今がわかるブログです。


ソルクシーズの取り組み 2021.05.20

IoTやクラウドで貢献!ソルクシーズグループのSDGsレポート【前編】

SDGS

最近よく見聞きするSDGs。「国連で定められた国際社会の共通目標」といった趣旨はわかっていても、具体的な内容を聞かれると言葉に詰まる方も多いのではないでしょうか。世界じゅうの数多くの企業が取り組んでいるSDGsについて、ソルクシーズグループも創立40周年をきっかけとして推進を強化しています。

では、具体的にどのような取り組みをしているのでしょうか?SDGsの概要とともに、2回に分けて紹介します。

SDGs=持続可能な開発目標

SDGsは、「Sustainable Development Goals」の略称であり、日本語にすると「持続可能な開発目標」です。2015年9月、国連で開かれたサミットで国際社会の共通目標として採択されました。

2030年までに達成すべき内容として、17の目標が設定されています。さらに、各目標に対して5~10程度のターゲット(具体的な目標)が配されており、その数はトータルで169。貧困や飢餓といった生命の危機に関することから、働きがいや経済成長、環境破壊防止、気候変動まで、21世紀の世界が抱える課題が包括的に取り上げられています。

17の目標を全て挙げると、次の通りです。

1.貧困をなくそう

2.飢餓をゼロに

3.すべての人に健康と福祉を

4.質の高い教育をみんなに

5.ジェンダー平等を実現しよう

6.安全な水とトイレを世界中に

7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに

8.働きがいも経済成長も

9.産業と技術革新の基盤をつくろう

10.人や国の不平等をなくそう

11.住み続けられるまちづくりを

12.つくる責任 つかう責任

13.気候変動に具体的な対策を

14.海の豊かさを守ろう

15.陸の豊かさも守ろう

16.平和と公正をすべての人に

17.パートナーシップで目標を達成しよう

2018年7月に発表されたSDGs達成ランキングで、日本は156か国中15位。達成しているのは、目標4の「質の高い教育をみんなに」だけという状況です。小学校・中学校の義務教育ですね。

日本政府は、2018年に国連本部で開かれたフォーラムで、民間企業、および市民団体へSDGsの取り組みを普及・拡大を促進しながら、“オールジャパン”で取り組むことを表明。国・地方自治体をはじめ、各企業でSDGsに関する取り組みが行われています。

投資の面からも注目度が高まるSDGs

機関投資家が投資判断をする際に、財務情報だけでなく、ESGの責任を果たしているかを重視すべきという提言が国連によってなされました。環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)の頭文字を取った言葉とその概念は、企業の長期的な評価に欠かせないものになりつつあります。

日本企業もまた、汚染物質の排出状況や商品の安全性、供給先の選定基準や従業員の労働環境など、ESGにもとづく非財務情報の開示を機関投資家から求められています。
ESGとSDGsは共通する部分も多く、日本企業にとってSDGsに取り組むことは必要不可欠になってきています。

SDGsに対するソルクシーズの貢献

ソルクシーズグループは今年、創立40周年を迎えました。経営モットーである「愛と夢のある企業」と5つの経営理念「高い技術力を持ち社会に貢献する」「お客様に最高の満足を提供する」「皆が夢を持ち続けられる企業をめざす」「グローバル企業をめざす」「新ビジネス・新技術へチャレンジする」を軸としながら、SDGsに対する取り組みも強化。環境性・経済性・社会性を重視したサステナビリティ経営を進め、さらなる成長・発展をめざしています。

17の目標のうち、目標9「産業と技術革新の基盤をつくろう」、目標4「質の高い教育をみんなに」を重点取組目標に設定。FinTech、AI、IoT、CASE、クラウドなどの技術を活用してデジタルトランスフォーメーション(DX)ビジネスを推進することで、生産性の向上やビジネスの革新・創造を行い、技術革新の基盤を作ることに貢献していきます。

また、新技術やイノベーション人材、次世代IT人材の育成も積極的に行い、社会や産業の発展に貢献していきたいと考えています。

サステナビリティ経営やDXビジネスを推進していくためには、多様な考え方や経験を持った人材が集まり、協力しながらソリューションを開発していくことが重要です。そのため、システムエンジニアのキャリア採用においては、技術力だけでなく、ITを通じて社会に貢献したいという熱意や積極的に学ぶ姿勢など人間力を重視しています。

ソルクシーズの取り組みや採用に興味がある方は、キャリア採用サイトで求める人物像や求人情報を確認してみてください。

後編では、具体的なソルクシーズグループの取り組みについて紹介します。