img

IT業界と採用を語るスタッフブログIT業界と採用を語るスタッフブログ

ソルクシーズの採用・求人に関する最新ニュース、IT業界の人材に関するトピックス、キャリア推進本部の取り組み、グループ企業の新しいサービスやプロジェクト。ソルクシーズを取り巻くさまざまな分野の動きと、採用&人材育成の今がわかるブログです。


ソルクシーズの取り組み 2021.04.12

激動のIT業界で新しい価値を創出!ソルクシーズグループの成長戦略2021【後編】

男性 地図
クラウド、IoT、AI、5Gなどの新技術の登場により、人々の生活や消費行動は大きく変わろうとしています。ソルクシーズでは、激動のIT業界で常に新しい価値を創造していくために、さまざまな取組みを行っています。
中国やASEAN諸国のマーケットに対しても製品・サービスを展開し、海外の顧客を拡大。FinTech/Cloud/IoT/AI/CASEといった成長分野に対しても積極的に投資しています。「ソルクシーズグループの成長戦略2021」の後編では、新領域における取り組みについて紹介します。

RPAによる業務自動化のコンサルティング、ロボット開発、保守をトータルに提供

RPAとはロボティック・プロセス・オートメーションの略で、ルーティン化している定型業務をAIやロボットに任せてしまう技術です。デジタルレイバー(仮想労働者)と呼ばれることもあり、生産性の向上だけでなく、人材不足への対応やコスト削減といったメリットもあります。

ソルクシーズでは、2021年1月、統合オートメーションプラットフォーム「ANTstein AQUARE」を日本国内向けに販売するSBI AntWorks Asia(株)と販売契約を締結。業務自動化に関するコンサルティングからロボット開発、導入後の保守サポートまで一貫して提供することが可能になり、RPA業界において競争優位性を獲得しました。

「ANTstein AQUARE」は、AIを活用し業務効率化を広範囲にカバーする製品群です。業務自動化を実現するサーバー型の「QueenBOT RPA」、AIを活用しRPAを軸とした自動化できる業務を見つけ出す「Process Discovery」(プロセスディスカバリー)、AIを活用しドキュメントの自動仕分けや定型・非定型帳票の文字などをデジタル化する「Cognitive Machine Reading」(コグニティブ・マシン・リーディング、CMR)などで構成されており、業務効率化を推進する企業の注目を集めています。

FinTech/Cloud/IoT/AI/CASEの推進

ソルクシーズグループは業種・業務別に専門性を特化し、非価格競争力を強化した専門店化をめざしています。そのため、高いレベルの技術を持つグループ会社がお互いに協力しながら、新しい領域へも活動範囲を広げることが可能です。成長領域といわれる最先端技術について、具体的にみてみましょう。

FinTech

急拡大するニーズに合わせ社内のリソースを集中させるために、1月にFinTech事業本部を設置。バンキング事業部、アセットマネジメント事業部の両輪で展開し、銀行・証券どちらの需要も取り込むことを目標に動き出しました。

菅政権では地方銀行の再編が進むことが予想されており、地方銀行のDX、システム統合などの需要が高まるでしょう。また、SBIグループが進めているブロックチェーンを活用した各種ビジネスへの技術協力など、他企業とも協力しながら進めています。

Cloud

コロナ禍を背景に急速に需要が高まったテレワークを支援するため、(株)Fleekdriveは、SaaS型クラウドサービス「Fleekdrive」を期間限定で無償提供しました。この結果、新規に導入する企業が激増。無償提供期間終了後に本契約に進む顧客も多く、ユーザー数は10万人を突破しました。この2年間でユーザー数は約2倍に増加。
今後はERP製品としての展開も視野に入れ、さらなるサービスの拡充に力を入れています。

IoT

組込・制御・計測関連のソリューションに特化したソフトウェアの受託開発を行っている(株)イー・アイ・ソルでは、IoTソリューション「状態監視/予知保全ンシステム」を中心に、「見える化」サービスの導入を推進しています。高齢者見守り支援システム「いまイルモ」も個人宅から病院、介護施設まで幅広いニーズに対応。さらに利便性を高めるために、センサーなどの機能の充実を追求しています。

AI

AIについては、資本参加先の(株)アックスの技術を中核に、既存顧客に対してソリューションを提案しています。UiPath(株)やSBI AntWorks Asiaとの連携により、金融機関や製造業の現場で必要とされているRPA技術を使ったソリューションの提供も可能になりました。

CASE

CASEとは、Connected(つながる)、Autonomous(自動運転)、Shared(共有)、Electric(電動)、という4つの先端技術分野の頭文字を組み合わせた総称です。
ソルクシーズグループの(株)エクスモーションがCASEに対応する設計支援ビジネスを大手自動車メーカー向けに提供。豊田通商(株)との資本・業務提携を行い、事業規模を拡大させています。

グループで総力を挙げて新しい価値の創出に挑む

ソルクシーズグループでは、それぞれの強みを活かして積極的にビジネスを推進し、総力を挙げて企業価値向上、新しい価値の創出に努めています。成長領域における事業拡大を推進ずるためには、新しい価値創出に挑むシステムエンジニアが不可欠。新卒採用のみならず、キャリア採用にも力を入れています。

募集している求人は、いずれも即戦力採用で、システムエンジニア、セールスエンジニア、プロジェクトマネージャー、プロジェクトリーダーが中心です。金融業界向けのシステム関連の知識や開発経験がある方を重視していますが、顧客志向で物事を考えられる方、自ら積極的に学んでいける方も歓迎です。

サービスを拡充していくなかで、数多くの転職者が活躍しており、フリーアドレスやテレワークなど働きやすい環境が整っています。必要なスキルや経験など求人情報の詳細については、キャリア採用サイトをご確認ください。