img

IT業界と採用を語るスタッフブログIT業界と採用を語るスタッフブログ

ソルクシーズの採用・求人に関する最新ニュース、IT業界の人材に関するトピックス、キャリア推進本部の取り組み、グループ企業の新しいサービスやプロジェクト。ソルクシーズを取り巻くさまざまな分野の動きと、採用&人材育成の今がわかるブログです。


ソルクシーズの取り組み 2020.12.18

ソルクシーズグループ・激動の2020年を振り返る③イー・アイ・ソル



新型コロナウイルスの感染拡大により、私たちの生活も企業のビジネスも大きく変わりました。ソルクシーズグループでは、いち早くテレワークに移行し業務を継続しています。しかし、社内だけでなくお客様との良好な関係を維持・拡大していくためには、さまざまな工夫が必要です。本コラムでは、組込・制御・計測関連分野におけるシステム開発、販売などを行うイー・アイ・ソルの現状や今後の見通し、採用方針などを平澤啓取締役社長の話も交えてご紹介します。

コロナ禍でプロジェクトの縮小や中断が相次ぐ

イー・アイ・ソルは計測・制御・アプリ関連の技術開発で、顧客企業にソリューションを提供しています。今話題のIoT分野の開発実績も多く、安全で効率的なトンネル工事をサポートする状態監視・エネルギーマネジメントシステム『Tunnel Eye』は、国交省新技術情報システム「NETIS」に登録されています。他にも、障害者や高齢者の健康リスクを管理するシステムや、より実車に近い教習用電車の速度制御器なども開発し、社会に大きく貢献しています。

コロナ禍で多くの企業が、開発への投資を見直すという動きが増えました。イー・アイ・ソルでも既に進めていたプロジェクトの縮小や中断を余儀なくされました。また、展示会も相次いで中止になったため、営業スタイルも変更せざるをえませんでした。

「お客様が次期の予算を決めるのは秋から年度末です。例年ですと新規の仕事のお話が多くなる時期なのですが、そういうお話もかなり減ってしまいました。それでも、春と比べると回復基調にあります。大変なのは、来年でしょうね」と平澤社長は冷静に現状を分析しています。

テレワークで業務の『見える化』が進む

社内ではコロナ禍が始まった3月からテレワークを導入。「どうすれば業務がうまくまわるかと1週間悩みました」と平澤社長は語りますが、杞憂に終わりました。

「リモートになったことによる仕事の遅れは、ほとんどありませんでした。仕事の進捗がわからなくなるのが最大の懸念だったのですが、マネージャーが頑張ってくれました。営業や開発業務の『見える化』が進んだのは収穫でしたね」。と、これからの働き方には明るい希望が見えています。

また、営業スタイルにも変化が表れました。「お客様のところに何回も足を運ぶのが営業と信じてやってきたのですが、コロナ禍で一気に浸透したWeb営業を見ると、このスタイルが主流になっていくのかという驚きがあります。」と平澤社長は話します。今後、社会情勢やIT技術の進歩によりさらに新しいビジネススタイルが登場する可能性もあり、仕事の進め方の選択肢は今まで以上に増えてくるのではないでしょうか。

Web会議の利便性を活用しつつも、「対面でしか得られないものもある」と言う平澤社長。今後、web対面をバランスよく使い分けながらそれぞれの仕事を進めていきたいと考えています。

製造現場の人手不足にシステム開発のニーズあり

コロナ過で経済は全体的に停滞しています。そういう中でもニーズが高まる分野に対してイー・アイ・ソルは動き始めています。

「工場など製造現場に人がいなくなっているんです。熟練工が続々と定年を迎える一方で、若い人材を採用できなくなっているんですね。どの企業も生産を止めたくないので、ラインの自動化と監視のニーズが高まっています。顕在化している案件をしっかり取りつつ、新たな領域を開拓できればと考えています」と、次なる一手を見据えています。

コロナ禍で接触や蜜となる状況を避けつつ、製造現場を止めないために、IoTで計測・監視できるセンサーやシステムのニーズはますます高まるでしょう。イー・アイ・ソルでは、強みを活かせる商機と見込んでいます。

採用ではチャレンジ精神や積極性を重視

2020年の目標として人材獲得を掲げていました。コロナ禍でも、昨年より多くの新卒・中途社員を獲得でき、目標を達成できました。来年度は新しい人材をいち早く独り立ちさせると共に、さらに上を目指した仕事をしていきたいと考えています。

イー・アイ・ソルが得意とする計測・制御の分野はIT業界の中でもニッチなため、計測関係の案件に関わったことがあるエンジニアは大歓迎です。経験はなくても、新しい分野を積極的に学ぶ向上心やチャレンジ精神がある方は歓迎します。

また、悩みや質問にスムーズに対応し、提案力を高めるため営業にエンジニアが同行することもよくあります。企画・計画といった開発の上流工程の知識やスキルが身につきますし、お客様企業の悩みをより深く理解し、喜ばれるソリューションを提案することが可能です。プロジェクト終了後の達成感や充実感も高まります。

他にも、プロジェクトを成功させるためにはさまざまな分野のスペシャリストが協力しあうことが大切と考えているため、イー・アイ・ソルではチームプレーを重視しています。

新しい時代に合わせたシステム開発を行うため、イー・アイ・ソルでは積極的に若手エンジニア を募集しています。採用では、知識や経験のほかに、新しい仕事や技術に積極的に取り組むチャレンジ精神、最新の技術や市場動向を踏まえ、顧客の最適解を導き出す提案力、プロジェクトメンバーと協力しあえるチームプレーの精神を重視しています。詳しい求人情報や求める人材像や職種、業務内容等は、キャリア採用サイトをご覧ください。

フリーワード検索

カテゴリー一覧

記事ランキング

タグ一覧

アーカイブ